バンクーバー オタク嫁事情。

オタクの私が、バンクーバーでおしゃれ美容師と新婚生活始めました!



【カナダで出産③】 誘発分娩2日目 BALLOON

広告

Cervidillを抜いてもらって、しばらくしてから帰宅。

結局寝るまでずっと痛かった。

 

momoman.hateblo.jp

momoman.hateblo.jp

 

次の日。

 

ナースか先生助手かわからん人が

子宮の開き具合をグリグリと確認。

 

もちろん痛い。

 

その手にジェルとかローションとか塗ってくれんかね!?

 

…と強く願ったけどダメだった。

 

いてぇレベル70。

 

なんとか少しだけ子宮が開いてくれたようで、今度はバルーンを入れた。

 

※バルーンの写真はちょっと血がついているので、見たい人は一番最後に載せます

 

 

管のようなものを中にいれて、

水みたいな液体を流し込み、中で風船を膨らませるってやつで…

 

まあ、もう中に何かを入れられる時点でいてぇ。

子宮の確認の時点でいてぇ。

 

いてぇレベルは60。

 

 

その日は1日中、プライベートの陣痛室および分娩室でサザンを聞きながら踊ったり、歩いたりして時間をつぶした。

 

 

にもくんも、仕事場と行き来しながら一緒にいてくれて楽しかった。

 

 

その日は、ニモ君と一緒に、その部屋に泊まった。

 

 

 

そして深夜、おしっこした後に違和感を覚え…

 

にゅぽぽおぽぽぽってな感じでバルーンが出てきた。

 

いてぇレベル0

 

 

ナースに「バルーン出た。」って伝えた時

小5の時に「お母さん、生理きた。」って

恥ずかしがりながら言ったのを思い出した。

 

 

 

今から、促進剤いれる?それとも朝にする?

 

と、聞かれ…眠いし疲れたしで、明日にすることにした。

 

 

そして、その日は朝まで寝た。

 

 バルーンの写真は下にあります。

血が少しついてます。みたい人だけみてください。

 

 

 

 つづき↓↓ つづき↓↓ つづき↓↓ つづき↓↓ 

 

momoman.hateblo.jp

momoman.hateblo.jp

 

 

 

 

f:id:momocomagrove:20160903111341j:plain