読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンクーバー オタク嫁事情。

オタクの私が、バンクーバーでおしゃれ美容師と新婚生活始めました!



【カナダで出産②】 計画分娩・誘発分娩開始 Cervidill

広告

 誘発分娩(induction)をするように言われ

すぐにHospital tourに行きました。

ここが入り口で、22時以降はここから入ってね。

ここが陣痛室および分娩室で

産んだ後はここに入院するの。

プライベートとセミプライベートがあるわ。

など説明を受けます。

 

 

momoman.hateblo.jp

 

 

誘発分娩予定日の朝、病院に電話します。

「inductionの予約をしているモモマンです。」

 

病院について、個室に案内されました。

トイレ、お風呂、旦那用のソファベットなどのある良いお部屋でした。

 

まずはCervidillというのをしました。

 

ホルモンの薬に、タンポンのように紐をつけて

中にいれて…1日〜3日で生まれると思う。

と言われ、一度家に帰されました。。

 

家に帰って、速攻で激痛。

 

あれ…陣痛って10分起きに来て…とかじゃない?

 

ずっと痛いんだけど…!!

インターバルが無いんだけど…!!

聞いてないんだけど…!!

 

と痛みに2時間程もがき、あ…もうダメだ。

これはダメだ。と思い病院に電話。

 

いってぇレベル75

 

あのぅ…cervidillを入れてからめっちゃいたい。

ずっと痛い、インターバルとかない、ずっと痛い。

 

と言うと、紐を引っ張って、薬を引抜け。と

 

…ちょっと待って、紐がない!!探ってもない…

 

じゃあ、すぐ病院に来て。と

 

 

 

そして病院に行くと…ごめんねぇ…

紐が奥のほうに入ってしまってるわぁ。と

ぐりぐりかき回されて出された。

 

お腹には、陣痛の波とベビー心音を図る機械をつけられた。

 

痛みは収まらず…ひたすら痛みによがる私。

インターバルのないまま夕方になってしまった。

 

ナースさんは、陣痛の波のデータを見て

ちょっと!!全然インターバルがないじゃない!

ベビーにストレスになっちゃうわ!

 

いや言ってるやーん。私痛がってるやーん。

 

結局…9時頃に痛みも弱まり5分おきに2分間ぐらいの痛みになった。

 

いってぇレベル50 

 

これが、私の第一の試練でした。

産んだ後に思い返して見れば・・・

①「本陣痛」②「避ける股」に次ぐ3位ぐらいの試練でした。

 

 

ちなみに、この段階で子宮は全然開いてません。

 

  つづき↓↓ つづき↓↓ つづき↓↓ つづき↓↓ 

 

momoman.hateblo.jp

momoman.hateblo.jp

momoman.hateblo.jp